• ホーム > 
  • 妊娠中の方の歯科診療について

妊娠中の口腔内ケア

妊娠中の口腔内ケア

妊娠中は体にさまざまな変化が起こるだけではなく、生活習慣についても多くの影響が現れる時期です。口腔内環境に関しても例外ではなく、妊娠中の歯科治療に関しては気をつけていただきたいポイントがいくつかあります。

こちらのページでは、春日部市豊春の歯医者「ハート歯科クリニック」が妊娠中の歯科治療において気を配るべきポイントをご紹介します。

妊娠中は通常とは違ったケアが必要

妊娠中は通常とは違ったケアが必要

妊娠中には、いつもとは違う体の変化が随所で起きています。それは口腔内も同じです。唾液量の変化やホルモンバランス、つわりの影響もあるため、お口の中の環境が妊娠前とは大きく変わってしまうのです。

こうした変化によって感染しやすくなるのが歯周病。しかし、歯周病菌は体内に侵入すると胎児にも悪影響を与えてしまいます。早産、また低体重児出産を引き起こしてしまう危険性も。ただでさえ口腔内環境が崩れる時期ですから、適切なケアで赤ちゃんへのダメージを防ぐことが非常に大切です。

妊娠中に訪れる口腔内の変化

衛生状態

個人差もありますが、つわりがひどくなってくると普段のケアに使う歯ブラシやブラッシング剤をお口に入れることも困難になり、匂いだけでも吐いてしまうケースもあります。そうなるとお口のケアも十分に行えなくなり、適切な衛生状態を保てなくなるのです。また、嘔吐を繰り返すことで口腔内が酸性に偏り、むし歯や歯周病のリスクが高まります。

食生活

妊娠中期になり胎児が目に見えて大きくなると、子宮が胃を圧迫することで一度に適切な食事を摂れなくなります。1食を数回に分けて食べるなどをして、栄養を摂取する場合が多いのですが、その都度のケアが行き届いてないと、食べカスや汚れが口腔内にとどまりやすくなります。

唾液量

妊娠中の方は、総じて唾液の分泌量が少なくなる傾向があります。唾液は口腔内を洗浄・殺菌し、清潔な状態に保つために必要な分泌液です。唾液が減少することでその作用が弱まってしまうと言われています。

ホルモン量

胎児を健やかに成長させるために増加する女性ホルモン・エストロゲンやプロゲステロンには、むし歯菌や歯周病菌を始めとした各種細菌の繁殖を増進させる作用があるのではないかとも言われています。

妊娠中にできるお口のケア

食後にはお茶か水を飲む
食後にはお茶か水を飲む
つわりが原因でブラッシングなどのケアができないときは、食後にお茶か水を飲むだけでもだいぶ違います。食べカスや汚れが洗い流されるだけではなく、唾液の分泌が促進される効果も。特に緑茶カテキンには殺菌効果もあるためおすすめです。ただし、飲み過ぎると口腔内の善玉菌も殺菌してしまう恐れがあるためご注意ください。
フッ素やキシリトールで歯を守る
フッ素やキシリトールで歯を守る
フッ素は歯の再石灰化を促し、細菌の繁殖を抑える効果があるほか、キシリトールによってその働きはより活発になります。これらの成分が入ったブラッシング剤やガムなどを取り入れ、口腔内環境を守りましょう。
規則正しくリラックスした生活を
規則正しくリラックスした生活を
妊娠中には体内の免疫力が弱まってしまうもの。さらにストレスにさらされると細菌感染のリスクも高くなります。散歩などの適度な運動や日光浴で規則正しくリラックスした生活を送り、良い状態に保つことでリスクを軽減できます。

妊娠中の歯科治療のタイミング

妊娠初期(1~4ヶ月) この時期に本格的な治療を行うと、切迫流産などの危険性が高まります。急を要する際の応急処置のみにとどめておく方が無難です。
妊娠中期(5~8ヶ月) この頃には安定期に入るため、特殊な治療以外なら問題なく受けていただけます。出産前のこの時期に思い切って治療に当たることをおすすめします。
妊娠後期(9~10ヶ月) 陣痛がいつ起こってもおかしくない時期です。口腔内のトラブルがある場合は、この時期に入る以前に治療を済ませておきましょう。もしくは治療を出産後まで待つようにしてください。

妊娠性歯周炎に注意

妊娠性歯周炎に注意

免疫力が落ちている妊娠中の体。しかもエストロゲン・プロゲステロンといった女性ホルモンの増加によって細菌感染のリスクも高くなると言われています。そのため、口腔内にプラークや歯石が少し残っていただけでも歯周病を引き起こしやすい状況です。妊娠性歯周炎とは、そういった妊婦中の方に起こる歯周炎のことです。

早産や低体重児出産の原因は、妊娠中の飲酒や喫煙、そして歯周病菌の侵入が大きな原因であると言われています。歯周病にかかっている方は、早産・低体重児出産へのリスクが、通常に比べておよそ7.5倍にもなるというデータもあります。妊娠中の口腔内ケアが、元気な赤ちゃんを出産するカギになるのです。

マタニティ歯科Q&A

マタニティ歯科Q&Amp;A

妊娠と歯科治療の関係について、不安を持たれている妊婦の方からよくいただくご質問をQ&Aにまとめました。当院では、やむを得ない場合は下記のような処置も対応いたしますが、基本的には妊娠中の歯科治療はあまりおすすめをしておりません。妊娠のご予定がある場合には、あらかじめ口腔内をキレイな状態に保ち、トラブルが発生しないように予防することが大切です。

妊娠期間中の口腔内ケアのご相談は随時お受けしておりますので、お気軽にご相談ください。

妊娠中でも治療は可能ですか?
妊娠中で歯科治療に適しているのは5~8ヶ月の安定期のみです。その他の時期にはメインテナンスや応急処置が主となります。歯科治療の記録をつける必要があるため、受診時には母子手帳を必ずお持ちいただき、受付に妊娠の旨をお伝えください。これを怠るとトラブルの原因にもなりかねません。
治療に使う麻酔は赤ちゃんに影響しますか?
歯科治療で使う麻酔は表面のみの局所麻酔ですので、赤ちゃんへの影響は特にありません。痛みによるストレスを考えると、麻酔をうまく使った治療をする方がよいでしょう。ただし、麻酔に対してアレルギーがある方は治療前にお伝えください。間接的に影響が出る場合もあります。
レントゲン撮影で影響は出ませんか?
歯科治療のレントゲン撮影は口腔や顎が対象ですので、腹部および赤ちゃんには影響ありません。当院では被曝量が従来の5分の1という微量の撮影機器を使用し、防護エプロンも着用いただきますが、不安な場合は事前にご相談ください。
お薬は飲んでも大丈夫?
当院では、極力お薬の処方は避けておりますが、やむを得ない場合のみ抗生物質もしくは鎮痛剤を処方いたします。ただし、お薬の種類や飲み方によっては影響が出ないとも限りませんので、服用は慎重にお願いしております。

お電話はこちらから 048-797-5447

上に戻る